河盛 隆造先生

インスリンとグルカゴンの分泌バランスで血糖値が調節されている

河盛 先生
Alanに会うたびに、1971年のToronto時代にタイムスリップしてしまいます。Yugoslavia出身のMladen Vranic先生がAssociate Professorになられたばかりで、最初の大学院生がAlanで、私が最初のポスドクでした。たった3人で毎日のようにイヌの実験をして、膵全摘をして何本ものカニューラを門脈に留置し、実験を繰り返していましたね。
Cherrington先生
実に感慨深いですね。データが出ると直ぐに、翌日の実験のプロトコールをどうするか、夜遅くまで3人で討論しましたね。
河盛 先生


〔図1〕拡大して表示
膵全摘イヌの実験時にはインスリン、グルカゴンは必ず門脈から注入しました。生理的ルートにこだわっていたからです。食事や運動といった種々の“外乱”に対して、例え血糖応答が正常域であっても、全身臓器の糖の処理状況がダイナミックに変動しているのです。isotope-tracerを用いたdilution法で計測してみると、絶食時間が長くない際にはRa(Rate of glucose appearance)は rate of hepatic glucose production を反映し、Rd(Rate of glucose disappearance)は rate of glucose utilization になります。Alanと一緒に行った最初の研究は、蛋白摂取時の糖代謝の機序解明でした。

蛋白摂取時のモデルとして、アルギニンを注入しました。アルギニンによりインスリン分泌亢進→Rd上昇、グルカゴン分泌亢進→Ra上昇、により血糖値は変わらない。しかし、2型糖尿病状況を再現すべく膵全摘の門脈内インスリン注入率を小とした際には、Rd不変、Ra上昇により、血糖値は上昇しました(図1)(Cherrington AD, Kawamori R, Pek S, and Vranic M:Arginine infusion in dogs: model for the roles of insulin and glucagon in regulating glucose turnover and free fatty acid levels. Diabetes 23:805-815, 1974)

すなわち対象患者のインスリン分泌状況を考慮して、的確な食事内容を指導しておりますが、昨今の「炭水化物のみを止めれば、脂肪やたんぱくはどれだけ食べても血糖値が上昇しない、糖尿病が治る」という宣伝をなさる医師は、40年前のこのAlanの成績をご存知ないのでしょうね。米国ではいかがでしょうか?

2535-3-0066-01